前へ
次へ

食べた後の歯磨きで虫歯予防を

歯に悪い食べ物を知ることで、虫歯予防をすることが出来ます。
驚く人が多いのがビタミンCが豊富で美肌効果があり、多くの人が好んで摂るものにレモンがあります。
レモンを含む柑橘類は歯に悪い食べ物とされているのですが、そのことを知らない人が多いのも事実です。
柑橘類には強い酸が含まれている上に糖分もあり、これらが歯に悪い影響をもたらすことになりますので、日頃から多く摂取する人は注意が必要になります。
そしてテレビを見ながら食べるスナック菓子も、歯には悪い影響を与えます。
ポテトチップスなどは軽く一袋をあけてしまいがちですが、塩辛いだけでなく糖分の意外と多く含まれている上、歯と歯の間に挟まりやすくなっていることも、虫歯への道を導くことになります。
また当然ですが甘いチョコレートやガム、キャラメルと言った菓子類も虫歯へ導く悪い食品と考えて良いことになります。
嗜好品と言うこともあり止めるのは辛いと言う人も多いと思われますので、食べた後は綺麗に歯磨きをすることを忘れないようにするべきです。

Page Top