前へ
次へ

虫歯予防なら電動歯ブラシがおすすめ

歯を美しく維持するためには毎日のしっかりとした歯磨きや、デンタルフロスや歯間ブラシを利用した口内ケア

more

赤ちゃんは、虫歯にならない、虫歯の始まりは

生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在せず、3歳ほどまで無菌でいれば、生涯に渡って虫歯になり

more

虫歯の治療は進化している

虫歯の治療と聞きますと、歯を削ったり麻酔を使われたりなど待合室で考えるだけで怖いと考えていた方も多い

more

虫歯の無い健康な口腔内を維持するために

歯医者では虫歯などの痛い治療をするだけではなく、口腔内のメンテナンスをすることもできますし、歯のことで相談をすることもできます。
健康というと運動をしたり、食事の栄養バランスを考えたり、マッサージに行ったりすることもできますが、口腔内の健康維持も大事です。
お口の中は全身の健康状態に関係しているので、歯を失い歯茎も弱くなると、いくら運動や食事を意識しても、生活のクオリティは下がります。
一生を通して長くお付き合いできるように、全身の健康のためにも歯科医院での検診を受けるのは建設的です。
ハブラシは歯周病や虫歯予防のために、日頃から愛用をするべきであり、必要不可なアイテムです。
効率的に歯磨きを継続させるためにも、汚れをキチンと落とすテクニックは知っておいて損はありません。
同時にブラッシングをする際の、歯ブラシの性質にも注目です。
使っているとやがてハブラシの毛先は広がり、歯磨きをしても歯にあたりにくくなります。
プラークを効率的に落とせなくなるので、適切な交換時期で新しいハブラシへとチェンジすることです。

アルバ(ALBA)歯科&矯正歯科では自由診療もお得な価格で受けることができます

安心してインプラント治療を受けられる歯科医院
インプラント専門医が治療を行ってくれるので、安心して治療を受けられます。

丁寧でわかりやすいと評判の歯医者
草加東口歯科クリニックは説明が良く治療内容もしっかりと評判をいただいております

http://sapporo-kaigo-oshigoto.com/

赤ちゃんの虫歯はママにとっては心配ですが、授乳中の赤ちゃんのお口の中は、ママが守ってあげる必要があります。
母乳が原因になるわけではないものの、口腔内に汚れがればそのリスクを高めることは否めません。
夜間の授乳も小さなうちにはありますし、飲みながら眠ってしまうこともあります。
前歯周りには唾液の分泌が減ることで、停滞した状態になるのも良くない状態です。
頻繁に甘いものを赤ちゃんに飲ませないこと、朝は歯磨きをしっかりとしてあげるようにします。
お口の中に虫歯菌がいないから大丈夫と安心できないのは、食べ物や飲み物などの酸性のものが、大事な歯を溶かしてしまうこともあるためです。
予防をするためにも酸性の強いドリンク類は、長くお口の中には溜めないことです。
炭酸系はスカッとして美味しく感じますが、飲み方でちびちび飲むのはあまり口腔内にはよくありません。
柑橘系フルーツやお酢は、健康に良いのでたくさん摂取をしたほうが良いイメージですが、適量を守り過剰な摂取は控えることです。

Page Top