前へ
次へ

赤ちゃんは、虫歯にならない、虫歯の始まりは

生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在せず、3歳ほどまで無菌でいれば、生涯に渡って虫歯になりにくい体質になると言われています。
虫歯になる原因の多くは、3歳ほどまでに、何かしらの原因によって口の中に入り、菌が育ちやすくなる体質になるためです。
その多くは、母親からの感染経路がほとんどであり、キスをしたり母親が口に含んだ食べ物を食べ与えたりする中で感染します。
この様な話をすると、虫歯になりにくい体質にさせるために、出来るだけ、感染を避けて子供を育てようと思われる親もいるでしょう。
ただし、それは至難であり、口移し以外でも様々な感染経路が考えられます。
例えば、食器などもその一つであり、自分のスプーンを使って子供に与える行為を行うかもしれません。
自分が食べている食べ物を、子供にそのまま食べ与えようとする場合もあるでしょう。
食べ物以外でも、タオルなどに感染している可能性もあり、一緒にお風呂に入れば感染してしまう可能性も少なからずあります。
人は、菌に移る意識を持てば、子育てにおいてそれほどストレスもかからず、そちらの方が精神的に良いのではないでしょうか。

Page Top